2020
09.02

白髪をぼかすハイライト

サロンワーク, ヘアカラー

【白髪が目立たないように】

白髪が気になる方はこういうオーダーをされる事が多いのではないでしょうか?

伸びた白髪はどうしても目に見えるのは当たり前ですが、伸びてきた所と、既に染めてる部分の明度差を少なくすると馴染みやすくなります。

ではどう馴染ませていくのか?

【分け目にハイライトを仕込む】

白髪の本数が少ない方は明度差がでるので特に目立ちやすく、ハイライトを仕込むことで明度差を少なくし目立ちにくくさせます。

白髪の本数自体は少ないですが、明度差があるので数本が目立ってしまいます。

中の方が本数がやや多く、めくった時に気になります。

ハイライト未経験の方や、ブリーチに慣れてない方は表面付近だけのハーフハイライトを提案させてもらってます。

今回は根本は白髪染め、表面付近はブリーチハイライト、その他の毛先はファッションカラーの14レベルのアッシュでトーンアップ。

全体的に明るくする方向です。

【仕上がり】

今回は全体を一度シャンプーで洗い流し、そのままハイライトの黄ばみを取る為に薄いアッシュベージュ系のカラーをも見込んで、色を足してます。

抜きっぱなしは只黄色く、あまりキレイに見えないので暗くならない程度に色を足すと抜けてもキレイになります。

全体的に明るくなり、白髪もぼかせれて、ハイライト効果で立体感も得られます。

白髪染めの方以外でも同じ方法で立体感を得られますのでオススメです。

白髪染めもデザインする時代ですので、是非とも暗くするだけでなく楽しんで貰えたらいいなぁと思っております。

ご予約、デザインのご相談等は公式LINEで承ります。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA