2017
09.07

ノンアルカリカラーとAujuaトリートメントの組み合わせが最高。

カラー

Link三宮店の屋です。

明るい白髪染めを得意としてるのですが、明るくするという事は髪への負担は避けられません。

特に大人女性になってくると、髪のお悩みが増え、縮毛矯正、パーマ等施術履歴が重なってる方も増えてきます。

そんな方のメンテナンスカラーにオススメなのがノンアルカリカラー。

特に白髪染めをされてる方はスパンが短い事が多く、髪への負担を気にされて根元のみのリタッチカラーを選択される方もいます。

求めるのは素材美

髪の負担を抑えつつ、理想の髪色にしたい方にはノンアルカリカラーを間に挟む方法がオススメ。

今回のお客様は伸ばし中なのと、縮毛矯正の履歴があります。

明るくってよりは現状をキープしてます。

白髪染めには主にオルディーブクリスタルを使用してます。

根元はc9-20 6%
毛先はc9-Ggb/nとc11-15/n 1:1 4.5%

25分程置いてシャンプー。

ノンアルカリカラー×Aujuaの組み合わせが良い。

前回からAujuaをして頂いており、アクアヴィアとイミュライズの組み合わせでクセを扱いやすく、毛髪補強を。

ノンアルカリカラーとAujuaの組み合わせはホントに違います。トリートメントの効果も高めてくれます。

仕上げ、

アルカリカラーに比べ色味は弱いのですが、それでも赤味を抑えつつ、自然なアッシュ系へ。

シャンプー直後のみでも自然な潤いがあります。

仕上げはクセが強いのでブローをしてます。

ですが、ハンドブロー時の手触り、収まり共にかなり良くなりました。

アクアヴィアはご自身でドライした時のクセの伸びやすさ、収まりが変わるののでクセでお悩みの方は是非に。

ファッションカラーの方にもオススメ

白髪染めでない方でも色んな悩みを持ち、色々な施術が重なってる方もいます。

そんな方にはアルカリカラーとのMIXでダメージを軽減しながら染めると求める色味とダメージ低下が望めます。

リタッチカラーを選択する事がある方は是非とも試して頂きたいです。

カラーでのダメージが気になる方はメンテナンスカラーという習慣を初めてみてはいかがでしょうか。

髪のご相談、ご予約はLINE@から♪できるだけ迅速に対応させていただきます。
友だち追加

Twitterはこちら→@oku_link

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


  • ソーシャル