2018
01.29

明るい白髪染めで創るシアーグレージュ

カラー, ヘアスタイル

Link三宮店の屋です。

久々のヘア記事ですが、日々サロンワークに勤しんでおります。

年々明るい白髪染めのオーダーが増えてきたように思います。明るい白髪染めで創るシアーグレージュと最近オーダーの多いショートボブを紹介。

↓ 過去の白髪染記事もご参考に

大事なのは継続したサロン施術。

中にはサロンに来るまでの間にセルフカラーをされる方も多いですが、根本だけを狙って染めるのは困難な為、広範囲に染まってしまうことも多いかと。

サロンでは根本だけのリタッチカラーのメニューがあるのでそれを利用し染める事をオススメします。

Linkでカラーさせて頂いた方に配布してる55日チケットがあり、期間中は¥3990のみで根本を染める事が可能です。

アッシュ、グレージュ系はベースをベージュぽく創るのがポイント。

継続的に白髪染めをされている方の希望が明るめかつアッシュ、グレージュ系となると一回で難しい場合もあり、長期的な施術計画を立て、来店ごとのクオリティアップを目指します。

先ずは退色後の髪色が黄味がかった色に持っていきます。その後のトーンダウン時に希望色で染める流れです。

時には明るめのカラーで赤味を削ることも重要。やはりベースや目標に合わせたカラーはサロンでしかできません。

そのベースがこちら。

求める明るさにもよりますが、この明るさのベースを創ることは可能です。
※黒やダークブラウン系で染めた場合は脱染が必要になります。

根元は明るめの白髪染め、毛先はファッションカラー。

白髪染めで主に使用してるのはオルディーブクリスタル。ファッションカラーはオルディーブからTHROWや様々。

今回根元で使用してるの薬剤は11レベルのミント。
明るめは白髪が染まりづらいのでたっぷりと塗布。

毛先はTHROWの10レベルのモノトーンとWhite。

仕上がったカラーはこちら。

明るめのベースができていると薄いのに色味はしっかりと入ります。

モノトーン×Whiteはリピートされる方も多し。

カットは冬場に多いショートボブ。

タートルネック、マフラー等首がつまるファッションが増える時期は首もとスッキリが楽チンですよね。

サイドはアゴ付近で襟足は浮かない程度に短く。

柔らかく見えるシアーグレージュで髪も重く見せないのでボブとの相性も良いです。

元々のベースとの相談にはなりますが、明るい白髪染めをご希望の方は参考にしてみてください。

ご予約やご相談はこちらのLINE@から。
予約、相談専用ですのでお気軽にご相談だけでもお待ちしてます(^^)
友だち追加

ホットペッパーからもご予約できます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


  • ソーシャル